弁護士コラム

2018.03.16

借金問題のご相談を受けるにあたって

借金問題のご相談を受けるにあたって

<ご相談者様からのご質問>

 借金を抱え,支払いも厳しくなってきているので,そろそろなんとかしないといけないと考えているのですが,何をどうすればいいかもわかりません。自分ではどうしようもできないので,弁護士さんに相談しようと思います。何を準備すればいいですか。

<弁護士からの回答>

 当事務所に借金問題でお問合せいただく方の多くの皆様は,借金の不安から解放されたいという気持ちが強く,「なんとかしてください。」とだけお伝えされる場合が多いです。もっとも,ご相談者様が抱えている借金問題をきちんと解決するためには,ご相談者さまから様々な事情をお伺いすることにより,ご相談者様が現在置かれている状況を正確に把握することがなによりも重要です。
 そこで今回は,借金問題をご相談いただく際にご準備いただきたい内容,お伝えしていただきたい内容についてご説明させていただきます。

 借金問題について弁護士がお手伝いさせていただく際に,ご相談者さまからお伺いさせていただく事項としては,大きく分けると,①債務に関する事項と②債務者(ご相談者様)に関する事項の2つにわけることができます。

 ①債務に関する事項としては,債権者の種類及び数(消費者金融,銀行,債権回収会社,ヤミ金業者,個人(知人,親族),保証債務などがそれぞれ何社(何人)あるかということです。),債務総額,債権者ごとの債務額,借入時期,借入目的(生活費,事業費,遊興費,借金返済のための借入等),毎月の支払額(各債権者への支払額,毎月の支払額合計),これまでの返済状況(毎月送れずに返済していたか,滞納し始めている状況か,滞納して何年も経過している状況か。),債権者から督促状や裁判所から書面が届いてないか等を確認することになります。ご相談に来られる際には,できれば債権者種類及び数,債権総額,毎月の支払金額等を把握して弁護士にお伝えいただけると,今後の方針等をある程度把握することが可能になります。

 次に,②債務者(ご依頼者様)に関する事項としては,職業(給与所得者,個人事業主,無職,生活保護受給者等),収入状況(総収入,手取り額,ボーナスの有無,個人事業主の方は確定申告書等があるとスムーズです。また,配偶者がいらっしゃる場合には配偶者の方の収入状況についても教えていただけると助かります。),資産状況(不動産の有無(住宅ローンの有無),預貯金額,自動車の有無・年式(カーローンの有無,リースの有無),生命保険などの解約返戻金の金額等)家族状況(結婚しているか,独身の場合には両親と同居しているか等に加え,今回,弁護士に債務整理について相談していることを伝えているか(借金を負っていることを伝えているか)などをお聞きすることになります。),支出状況(家賃や食費,光熱費などの各金額)に加え,これまで破産手続きや任意整理などを行ったことがあるか等を確認させていただきます。また,併せて,弁護士に相談にするまでに至った大まかな経緯(いつごろ借金が増え始めたのか,その原因など)をお伺いさせていただくことにあります。

 上記のような内容をお伺いすることで,どのような手段により債務整理を行うべきかといった道筋をたてることができ,ご相談者様にアドバイスをすることができます。
したがって,弁護士にご相談いただく際は,上記の各事項について,可能か限りで差し支えないのでご検討していただければと考えております。

WEB予約 弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ
事務所からのお知らせ YouTube Facebook
弁護士法人菰田総合法律事務所 弁護士×税理士 ワンストップ遺産相続 弁護士法人菰田総合法律事務所 福岡弁護士による離婚相談所